> > >

無人航空機の飛行に係る許可・承認書の交付について

 

私がドローンを購入した理由の一つに、「バイクの走行映像を撮影したい」というのがあります。
そして、連載中の原稿の最後に「広大な〇〇の中を疾走しているところを空撮したい」なんてことを書きました。

***

誰でも手軽に入手できる様になったドローンですが、何処でも飛ばせるというわけではありません。
重量200グラム以上のドローンは無人航空機という扱いになり、航空法の適用を受けます。
基本的に空港の周辺、高度150m以上の空域、人口集中地区の上空は飛ばすことができません。

また、飛行させる場所に依らず、下記の規制も受けます。

  1. 日出から日没までの間に飛行させること(夜間飛行の禁止)
  2. 目視範囲内で飛行させること(目視外飛行の禁止)
  3. 人、又は物件との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

東京ではドローンを飛ばせる場所は皆無に近く、福岡なんかでも結構クルマで走らないと飛ばせる場所に辿り着けません。まあ要するに「田舎で飛ばせ」ということです。

自分の場合は主に「バイクを撮影したい」「ナブラを撮影したい」という理由でドローンを購入したので特に問題はありません。走るのは大抵田舎だし、海上なら特に規制は受けないからです。

**

ただ、冒頭のハナシに話を戻すと、道路の周りには色々ありますので、撮影をしていたら「いつのまにか違反をしていた」なんてことに成りかねません。「人や建物などから30メートル以上離していなかった」とか、「サンセットの撮影をしていたら日没時間を過ぎてしまった」とか、「田舎だと思ったら人口集中地区だった」などが思いつきます。最悪の場合には通りがかりの人に通報されて検挙!なんてこともあるかもしれません。

これではお仕事を頂いている雑誌側に迷惑が掛かってしまうなんてことにも成りかねませんので、キチンと国土交通省に申請をして日本全国包括飛行許可を取りました(司法書士に頼むと結構取られるみたいなので自分で申請しました)。これで、安全の確保をした上であれば「人口集中地区での飛行」「人や物件から30メートル以内での飛行」「夜間飛行」「目視外飛行」ができるようになりました。

 

そんなわけで雑誌の文中で宣言した「広大な〇〇の中を疾走しているところを空撮したい」は、現実味を帯びてきました!ゴールデンウィークか夏休みに、何処かで撮影をしたいと思います!

P.S. 呼んでいただければ全国どこでも空撮承ります。料金は一切いただきませんのでご相談ください(何か美味いもん食わせてください。友達の友達まででお願いします)。

星1星2星3星4星5 (評価: 4.50 - 2票 | この記事を評価してください)
Loading...
※5段階評価です。☆を選択するだけで誰でも簡単に評価できます。

バイク乗りです。犬でいうと6歳くらいです。愛車は2003年式ロードキング。東京のIT企業を経営していますが、リアル ノマドワーカーなので福岡と沖縄に在住。バイク雑誌に連載アリ。ツーリング、キャンプが大好き。100キロ超級のクロマグロを追いかけています。

カテゴリー「ガジェット」で人気のある記事 

2 thoughts on “無人航空機の飛行に係る許可・承認書の交付について

  1. ずらーっと連なってるロードキングを見てみたいですねー!
    めっちゃ妄想してしまいます笑
    釣りの空撮アップ、楽しみにしてます!わくわく

    1. 臨時で BH OFF やりましょうかねー。

      動画はまとめてこちらのサイトに登録してあります。

      VLOG HARLEY

      BH 未掲載のものもあるので要チェックです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です