マグロ用ラインシステム。口切れ防止ザイロン

釣行準備をしていると、よく「これはなに?」と解説を求められるので、ここで私のラインシステムについて紹介しておきます。青森でモンスタークラスが釣れだした2016年のシーズンから、独自に考えたこのシステムをずっと使っています。

口切れ防止用にザイロン80号を30センチほど使用して、そしてその先にスイベルを付けています。
スイベルをルアーから離すことによって、以下の利点が生まれます。

1.(重いスイベルから解放されて)ルアーの動きが良くなる
2.ザイロンとリーダーの結束が簡単になる(強度に不安のある電車結びをしなくてよい)
3.ルアーを丸呑みされてもスイベルが口の外に出るので、スイベルがしっかり機能する(糸寄れしない)

ザイロンが目立ちすぎるので食いが悪くなるのではないかとの指摘を受けたこともありますが、実際にこのシステムで 150キロクラスがヒットしていますので、あまり関係ないと考えています。それよりも重いスイベルから解放された、動きの良いルアーがしっかりとマグロを誘ってくれるのではないかと思います。

某釣具店で販売しているザイロンリーダーの売れ行きの邪魔するつもりはありませんが、ラインシステムは各々で工夫した方が楽しいと思いますので、一つの案として公開しておきます。このシステムは自由にパクってください。気に入ったら BH式とでも呼んでください。ハーレーのブログに載ってたやつ、とか言うと小泊の居酒屋でなら通用するかもしれません。

ちなみに、PEとリーダーの結束は気分によって MIDノットか FGノット。スイベルやリングとの結束は、サンライズ田代船長の「まき結び+ハーフヒッチ」を用いています。

ここまで読んでいただけましたら、最後にポチっと評価をお願いします。
星1星2星3星4星5(評価: 4.43 - 14票)
読み込み中...

Category: アクセサリー タックル
ikeura

ikeura

バイク乗りです。犬でいうと6歳くらいです。愛車は2003年式ロードキング。東京のIT企業を経営していますが、リアル ノマドワーカーなので夏は福岡、冬は沖縄に住んでいます。バイク雑誌に連載アリ。ツーリング、キャンプが大好き。釣りは100キロ超級のクロマグロだけを追いかけています。動画も撮るので宜しければチャンネル登録もお願いします。

View all posts

コメントを書く

コメントは管理者の承認後に公開されます。初めて書き込まれる方は Instagram、Twitter、Facebook、ブログなどのURLをサイト欄に入力してください。メールアドレスは公開されません。※ の項目は必須項目となります。