> > >

DJI MAVIC PRO のケースはどれがいい?

近所にフラっと撮影に行くときは、押し入れの中から出てきたハワイアンなトートバッグを使っています。
こうみえて蓋が閉まるタイプだから、閉じてしまえば中にドローンが入っているようには見えません。
沖縄に滞在しているあいだは目の前が海だから、ずっとコレ。

 

ちょっと旅行へ行くときには、大きめのバッグの中へ放り込んでおけるタイプのミニマムケースをセレクト。私の場合は状況に応じて、このハードタイプとソフトタイプのケースを使い分けています(ちなみに送信機は適当にポイっとバッグの中へ入れてます)。

ハードタイプの方は多少の圧が掛かっても潰れたりはしないから、着替えなんかを詰め込んだボストンバッグの中へ無造作に放り込んでおく時なんかにとても便利。船に乗るときなんかはこのハードタイプを使います。

対してソフトタイプの方は、潰れる心配はないけれど振動が気になるときに使います。要するにハーレーのサドルバッグに積んで出掛けるとき用ですね。このケースはサイズ展開がされているので、ケースを二重にしてさらに厳重な振動対策をすることもできます。長距離走るときなんかはこちらの方が良いかもしれない。

純正ショルダーバッグは、「ドローン飛ばす以外のことは一切しない!」っていうときに使う程度。他の荷物が一切入らないからね。そうゆう意味ではポーターのショルダーバッグが一番使用頻度は高いかな。日帰りで出かけるときには色々荷物が入ってちょうどいい感じ。

スポンジフォームの入った巨大なハードケースも売られているけれど、バイクで移動することを考えるとあれは完全に規格外。ここではやはり全てにおいて「バイク乗り的な視点」というのが基準になるので、あくまでもミニマムパッキングにこだわっていきたいと思います。
あちらに興味がある方は、クルマで移動する普通の人たちが沢山レビューしてくれていると思うので、是非そちらを参考に選んでください。

ハードタイプケースはこちら
ソフトタイプケースはこちら
ポーターショルダーはこちら

星1星2星3星4星5  ← イイね!と思ったら、この記事に最初の評価をお願いします
Loading...
※5段階評価です。☆を選択するだけで誰でも簡単に評価できます。

バイク乗りです。犬でいうと6歳くらいです。愛車は2003年式ロードキング。東京のIT企業を経営していますが、リアル ノマドワーカーなので福岡と沖縄に在住。バイク雑誌に連載アリ。ツーリング、キャンプが大好き。100キロ超級のクロマグロを追いかけています。

カテゴリー「ガジェット」で人気のある記事 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です